受賞歴

第1回ものづくり日本大賞
経済産業大臣賞受賞
 平成17年、SPR工法開発者が第1回ものづくり日本大賞を受賞。日本の産業・文化の発展を支える「ものづくり」を承継・発展させていくことを目的に創設された「ものづくり日本大賞で、600件余りの中から厳しい審査を勝ち抜き、経済産業大臣賞「製品・技術開発部門」に輝きました。
ものづくり日本大賞
第59回大河内賞
大河内記念賞受賞
 生産工学・生産技術分野の卓越した業績を顕彰してきた大河内賞。そのなかでも特に顕著な業績に授与されるのが最上位の大河内記念賞です。この度、管きょ更生工法「SPR工法」が建設業界としては初めてその栄誉に輝きました。
公益財団法人大河内記念財団ホームページ
2013グッドデザイン賞
 「見えないインフラの安全性がいかに大切か、我々は昨年の中央道笹子トンネル事故で痛感した。トンネルと同様に高度成長期に整備された下水道管路の老朽化が現在大きな問題となっている。だが、都市部の再整備は地上の道路施設との関係でコストも掛かり容易ではない。このSPR工法は従来の管路の内側に既設管と一体になった強固な構造をつくるものでコストパフォーマンスも高い。インフラ整備に於ける高度な技術は今後不可欠であり、賞賛したい。」との評価を頂きました。 グッドデザイン賞ホームページ