概要


SPR-PE工法は、スチール部材で補強したポリエチレン樹脂を複合させた帯状部材(PEプロフィル)を既設人孔内に設置した製管機で連続的に融着して既設管内に自立管を構築する工法です。

特長

◆既設管の強度を見込まないで自立強度を確保
◆非開削で水を流しながら施工可能
◆融着製管方式により完全な水密性を確保
◆ポリエチレン樹脂のため、耐食性、耐摩耗性に優れる
◆ポリエチレンによる一体管路となるため耐震性に優れる

プロファイル

耐食性、耐摩耗性、耐震性に優れた高密度ポリエチレン樹脂と自立強度発現のためのスチール材で構成されています。

 

基本仕様

用途 下水道、農業用水、工業用水、排水樋管などの更生
適用管径(既設管) φ900~1,500㎜
最大施工延長 100m
製管時環境 水を流下させながら製管可能。水位は管径の30%程度
流速1.0m/s以下
耐震性能 レベル1地震動において設計流下能力を確保
レベル2地震動において流下機能を確保
建設技術審査証明書 (財)下水道新技術推進機構の建設技術審査証明書を取得しています。